P7の旅行記録
-聖籠山と越後三十三観音巡り・宝積院-


新潟県に聖籠町という街がありますが、どうも街の名前の由来となっている山があるらしい。
歴史の勉強と言うことで、行ってきました。


-施設情報-
所 在 地:新潟県 聖籠町 諏訪山578
電話番号 :0254-27-7773
ホームページURL:なし


写真1

国道7号線、新潟バイパスを降りるとすぐに見つかる聖籠山。
山というより丘という感じがする。


写真2

駐車場は普通車5台と大型車一台が駐車できるとの事。


写真3

駐車場から少し歩くと、観音堂への道が見えてきました。
この門をくぐり、先へ進みます。


写真4

いやいやちょっと待った。何だこれは?
明らかに宗教関連の道具ですが、何のために使うのか…。
残念ながら管理者のような方にも会えなかったので真相は謎のままです。

しかしこういった宗教関係の道具には迂闊に触らないほうが良いですな。


写真5

階段を登り、観音堂を目指します。


写真6

これが観音堂。
しかし観音様は見えない様子。

御開帳の時を待つしか無いのかな?

そして右側には先程のぐるぐるする謎の仏具が。

写真7

聖籠山の駐車場に向かうときに見えた階段。
こちらからも観音堂へ行けました。


写真8

彼らが観音堂を守るために山にこもったとされる徳の高い僧侶でしょうか。


写真9


なんだこれは…。




ひとことコメント。
という事で聖籠町の名前の由来となる山へ行ってきました。
山というよりは丘…かな。
ここで越後三十三観音と神原三十三観音というものを見つけてしまい、旅の目的地が増えてしまった訳です。
ここからは長くなりそうな予感がしますね…。


旅行一覧へ戻る

INDEXへ