P7の旅行記録 -2014/10/26-
新潟県 道の駅 関川


新潟県道の駅巡りの5件目です。
北から攻めている所、真ん中に寄り道しましたが今回から再び北から攻めてゆきます。
今回は岩船郡関川村にある道の駅にお邪魔しました。


-施設情報-
所 在 地:新潟県 岩船郡 関川村 1252-1
電話番号 :0254-64-0252
最寄り道路:国道113号


写真1

今回は国道7号から国道290号へ。
今日は気温26度と非常に暑く、10月というのにエアコンを使用します。
それにしても紅葉の始まった山々が美しい。


写真2

今回も何事も無く到着した道の駅・関川です。
国道113は広くて走りやすく、国道49号のようでした。
新潟と山形を繋ぐ主要道路だからのひとつだからでしょうか。


写真3
写真4

今回の道の駅関川、なにしろ駐車台数が280台と非常に多い!
しかも何やら祭りがあったようで、いつも以上に繁盛しています。

おかげで280台もの駐車場は中々空かず、車を停めるのに手こずりました。
普段は普通に停められるのかな。


写真5

何気なく見つけた石碑。
この碑文によると昭和42年8月28日に発生した水害の時、ここを含めて幾つもの堤防が切れてしまったのですね。
その被害を忘れないように、この碑を建てたようです。


写真6

道の駅周辺の観光名所一覧の、古い方ですね。


写真7

こちらが新しい方の周辺地図。


写真8

道の駅の地図。
出店のテント裏にあり、良く見ることが出来ませんでした。


写真9

温泉施設、「ゆーむ」。
泉質はナトリウム、カルシウム硫酸塩温泉。
主な効能は動脈硬化症、切り傷、慢性皮膚病、慢性消化器病、神経痛、筋肉痛、関節痛だそうで。
…温泉には詳しくないので、良く分かりません。


写真10

物産館の「あいさい市」「ちぐら」になります。


写真11

「ちぐら」付帯の足湯は無料で使えます。
しかし、この祭りの大繁盛ぶりで使えませんでした。


写真12

こちらは情報センター。


写真13

情報センターの中に入ってみましょう。


写真14

どうやら展望台に登れる模様。
これは登ってみるしかありません。
階段は上り線用と下り専用になっていますので、登る人と下る人がぶつかることはないようですね。


写真15

中を見てみるとこんな感じ。


写真16

展望台からの景色。
紅葉を始めた山々が美しい。


写真17

こちらは反対側の景色。


写真18

情報センターの中にあった「猫ちぐら」。
その昔、子守の時に幼児を入れた「つぐら」をヒントに作られた猫の家、らしい。
ふうむ、人間の子供も中に入りそうだ。
これを作っているのは「関川猫ちぐらの会」だそうです。

あれ?さっきの物産館の名前「ちぐら」ってコレじゃないか?


写真19

SL機関車の模型。
ただの模型とおもいきや、参考資料によるとこれは本当に人を載せて動くことが出来るらしい。
小さくてもパワフルなようです。


写真20

歩きまわってハラも減ったので、何か食べることに。
どれにしようかな?


写真21

まずは味噌団子。
ちょっと甘い団子に味噌を塗ったもので、非常に美味。
気に入って2本目も購入しました。


写真22

名前は忘れてしまいましたが、タコの入ったさつま揚げのようなもの。
タレが染みこんで旨し。


写真23

おなじみ、フランクフルト。
串モノばかりだ。

…少し食べ過ぎましたな。


写真24

コカ・コーラのテーブルでいただきました。



道の駅関川 ポケストップ情報(2017/03/18更新)

1.昭和42年8月29日羽越水害洪水水位
2.東桂苑
3.水車
4.伊藤園災害対応自販機
5.桂の関由来碑

ポケストップは近隣に5箇所あります。
ポケモン出現率は普通といった所。
伊藤園災害対応自販機は関川村役場内にあるようですが、玄関前に行けばアクセスできました。


出現ポケモン
アーボ
イーブイ
ポッポ
メタモン
キャタピー
マグカルゴ
グライガー
ニドラン(メス)
レディバ
ズバット
ニドリーナ
ワンリキー
イトマル
マリル
ピッピ
イワーク
ブルー

ポッポを捕獲したと思ったらポッポが変身してゆき、メタモンをゲットしました。
メタモンはレアポケモンらしいので、記載しておきます。
---注意---
訪問時出現したポケモンのリストで、このスポットで出現するすべてのポケモンを網羅している訳ではありません。
このリストにないポケモンが出現する可能性もあります。




編集後記。
今回も北から攻めて道の駅関川となりました。
新潟と山形を繋ぐ主要道路の一つ、国道113号沿いの道路だけあって交通の便が非常に良い道でした。
今回はお祭りの勢いに押されてしまい、細かいところを見ることが出来ませんでしたが…。


山形など、北を訪れる際の休憩地点として有効に活躍してくれそうな道の駅でした。

残り32の道の駅、到達できるのはいつの日か?



戻る

INDEXへ